熟女がセフレ

「熟女がセフレなんて、人に言えねーよ」って言われた(笑)
バイト先で知り合って、なんかの拍子にセフレになっちゃった年下の男の子がいるんだけど、この間、仲間内で飲み会あるって言うから「私も行きたい」ってつい冗談半分に言ったの。
そしたら「ダチにどうやって紹介するんだよ?」って笑われて、「セフレって言えばいいじゃん」って言ったら・・・。
「熟女がセフレなんて言えねーよ」って。
自分から振った話題だけど、かなり強烈なカウンター食らった感じだったよね・・・。
そりゃそうだよね。二十代の子にとっては、熟女がセフレなんて、仲間に言えないよね。
モデルがセフレとかだったら、自慢できるけど、熟女がセフレじゃね・・・そりゃ言えないわwww
セックスしたい人妻です【夫がEDでセックスレスなんです】
頭では分かってるんだけどね。それをはっきり口にされるとやっぱりショックで。
しかも、熟女って・・・私、49なんだけど、熟女カテにもう入っちゃうんだなって。
自分は若いつもりでいるんだよ?
職場でも若い子とつるんでること多いし・・・
それで自分も若いつもりでいたんだけど、やっぱり男は騙せないか・・・。
見た目的にも気を使ってるし、服装もどっちかというと若い子風ファッションにしてる。
だけど、そろそろそれもイタイのかもな~って。
熟女がセフレ・・・なんか、すごい侮辱された気がして。
この歳で20代の男にここまでズタズタにされるとは思ってなかった。
もちろん、真剣な付き合いに発展するとまでは期待してなかったけどさ。
結活アプリ
彼氏できない

デート援

今でもあるのかもしれないが、その昔はデートクラブなんてものがあった。
表向きはデート嬢とデートするもの・・・だが、紹介とセッティングはするけど、あとは自由恋愛で、と言うスタンスだ。セックス斡旋を大っぴらに謳っちゃうと、管理売春になっちゃうからね。
当時、興味はあったんだけど、さすがにペーペーの給料ではどうにもならない額だったので、指をくわえて見ているだけだった。
しかし、今や未曽有のインターネット時代。デートクラブはデート援となって、素人さんが続々参加してきた。
性行為はなし、食事したり映画見たりカラオケ行ったり、限られた時間で気楽にデートを楽しめる。
いい時代だなと思いつつも、何々がいくらとか、細かく料金体系を記載している書き込みなどを見たら、多少げんなりする。まあ、援助なのだからお金は当たり前なのだけど。
そんなわけで、割り切ってデート援を体験してみた。
やって来たのは、自分と年齢が一回り違うJKだった。ちゃらちゃらした格好でいかにも遊んでますって感じだ。
時間は2時間、食事してお茶飲んで・・・と言う普通の流れだ。
人生=彼女いない歴の僕にとって、女の子と一緒に街中を歩くだけで大事件。
彼女は、そう可愛い方ではなかったのだけど、それでも漂ってくるいい香りが、女の子とツーショットと言う信じられない現実を伝えてくれる。
JCと援交する為にアマゾンギフト券のコードを送る
食事して、コーヒーを飲んで、残った時間はゲーセンに入って・・・と、普段の僕の生活に、女の子が連れ添ってくれているのだ。
これは、驚くべきことに現実なのだ。夢ではない。僕の隣には、この時間だけの僕の彼女がいるのだ。
そして、約束の時間はあっという間に過ぎた。僕の方が緊張して、あまりしゃべれなかったけど、女の子は根気強く付き合ってくれた。
お金を渡して「今日はありがとう」とお礼を言うと、彼女は笑顔で「いえいえ、これくらいならまた声をかけてください」と言う。
アドレス交換くらいはしたいなあ、と思ったが、なかなか僕が言い出せないでいると、彼女の方から「アドレス交換しますか?」と聞いてきた。
これ幸いと「ぜひ」と僕が申し出ると、彼女は頷いてこう言った。
「アドレス交換は3000円でお願いします。あと、今ならハグも1000円でサービスしますよ」
僕は、どうも2時間あまり夢を見ていたようだ。
ノンケ
ノンケ狩り