プチ援交

 プチ援交だったら、正直な話相手探しは楽勝と言えますね。
本格的に、必死こいて相手を探す必要がない、これが自分の本音だったりします。
本番のない魅力的な大人の関係は、男にとっても女にとっても変わらないんです。
出会い系の中で、ちょっと掲示板を覗いたり、募集を投稿したりすることで、さっくり相手が見つかるんです。
世の中が不景気だからなのかもしれませんけどね、求める女の子たちが多くなっているような気がします。
だからプチ援交って、いまは簡単に相手を探せるって思って間違いないと思いますよ。

 朝からムラムラがひどかったんで、昼休みの時間に相手を探そうと思って出会い系をチェック。
相手募集をしていた18歳の女子大生を発見しました。
連絡を入れてみたところ、返事を受け取れました。
プチ援交0.5で、夕方以降の待ち合わせが可能だって言うんです。
そりゃ、ウキウキした気分にもなります。
即LINE交換して、詳しい金銭のやりとりとか、待ち合わせ場所なんかも決められました。
「それじゃ会社帰りによろしくね」
「こちらこそ、お願いします」
待ち合わせもあっさり決められるところもGood。
今回は相手が18歳ということもあり、ひたすらテンションが上がってしまっていました。
プチ援掲示板の代わりにTwitterで最初だけ2万円で待ち合わせた結果

 プチ援交を相手とは、大手スーパーのフードコートで待ち合わせしました。
ちょい早めに到着したので、ジュースでも飲みながら相手を待つ。
するとLINEに通知が届きました。
「フードコートにいるよ」
「あっ、分りました」
小走りで走り寄る女の子1人。
18歳のプチ援交希望者でした。
もうルンルン。
ちょっとだけ会話を楽しんで、トイレフェラをやってもらうことになりました。

 まだ18歳だから、やっぱりテクニックはないんですけどね、それでも若くてピチピチの女の子にしゃぶられている感触が最高。
たっぷりしゃぶり尽くしてもらって、見事に射精決めました♪
お金あげます
無償でお金くれる人

ゲイ動画

うちは一時期問題児のたまり場みたいになっていたことがある。俺自身、面倒見がいい方だから、寝るところに困ったらとりあえず泊めてくれる、なんて噂が広まっちゃって、地元の悪ガキどももたむろするようになったんだわ。
俺自身、賑やかな方が好きだし、それ自体は別に構わなかった。もっとも、シンナーや酒盛りをしようとしていたのは全力で阻止したけどね。そう言うモラルはあったし、見て見ぬふりはしなかったから、ある意味悪ガキどもには信頼されていたのだと思う。
そんな中で、カズオという少年がいた。彼はちょっと事情が違って家出に近い男の子だった。俺も未成年拉致監禁なんて親に騒がれたら困るので、帰って親御さんとよく話し合うように説得はしたけどね。ただ、無下に追い出すようなことはしなかったよ。
そのカズオだけど、性の悩みを抱えていた。生まれながらのゲイだったんだよ。本人は中学生の頃からそれに気づいていたようなのだけど、親は信じてくれなかったらしい。その辺りが親子断絶になっちゃったんだ。
フェラされたいノンケ
そして、俺もゲイなんだ。カズオの気持ちは理解できていた。俺も高校の頃は、ゲイ動画に興奮してしまう自分の性癖に悩んだものだよ。
ただ、カズオは何度か家に泊って行ったが、そう言う行為は一切なかった。男女違えど未成年に手を出したら淫行だよね。そんなモラルも俺はあった。せいぜい一緒に風呂に入ったり、手を握り合って将来のことを話し合いながら寝ただけさ。
それから、カズオは来なくなった。もらったメールによると、ゲイであることを悩むのは成人してからにする、今はしっかり教養を身につけて自分の身を立てるために勉強に集中している、とのことだった。立派なものだ。ゲイだろうがノンケだろうがさ、未成年の内に自分自身を固めておかないとろくな成人にならないんだよ。その辺を言い聞かせたのだけど、カズオはよく理解してくれたと思っている。
カズオを含めて家に泊って行った連中の風呂やトイレを隠し撮りしてゲイ動画として編集して個人用に楽しんでいる俺みたいになっちゃおしまいだからね。
ノンケのちんこ
イケメンとの出会い